第百七十二話:『今日はその事を為さん』

Pocket

IMG_2578

 

今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先出来てまぎれ暮らし、待つ人はさはりありて、頼めぬ人は来り、頼みたる方の事は違ひて、思ひよらぬ道ばかりはかなひぬ。わづらはしかりつる事はことなくて、やすかるべき事はいと心ぐるし。日々に過ぎ行くさま、兼て思ひつるには似ず。一年の中もかくの如し。一生の間もまたしかなり。

かねてのあらまし、皆違比喩久賀と思ふに、おのづから違はぬこともあれば、いよいよものは定め難し。不定と心得塗るのみ、誠にて違はず。

「徒然草 第百八十九段」

 

「今日こそあの事を片付けてしまおう」

今日こそあの事を片付けてしまおうと思うた時に限って、往々にして急ぎの用事が出来てしもて取り紛れてしまうもんじゃ。心待ちにしているひとに限ってなんぞの用事で来られんことが多いのに、頼みにもならん人に限ってやって来よる。期待しとったことに限って上手くいかんことが多いのに、思ってもおらんことがすんなりと片が付く。面倒じゃろなと心配しとったことが存外簡単に片付き、いとも容易いこっちゃろとたかをくくっとると結構面倒なことになる。まっこと日々のことは思い通りにはいかんもんじょ。年がら年中こんな調子でのう、ひとの一生さえもずっとこんなこっちゃ。

予定しちょった計画がみーんな当てが外れていくかと思うと、たまにゃあ適ったりもする。まあ物事っちゅうもんは定まらんもんよのう。はなから定まらぬものと覚悟しちょけば間違いはねえんじょ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。