第百四十話:『ほのお』

Pocket

IMG_2428

 

それぞれが 生きてきた

その生きかたの 真価こそが

それぞれの いのちの炎芯を定め

周りの人々との 交わりこそが

それぞれの いのちの外炎を彩り

それぞれの 個性的な炎色が決まる

 

みずから光り輝くがごとき いのちもある

他に照らされて初めてひかる いのちもある

そして また

光ることもなく消えていく いのちもある

 

生きかたは 逝きかた

逝きかたは 生きかた

なにごとも ひとに頼ってばかりいては

光りようもなくなるではないか

 

いのち消えようとする その直前の炎を

傍らで見守っていくこと

 

それがわたしの使命

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。