第百八十話:『たったいま』

Pocket

IMG_2589

 

たったいま死ぬかもしれない

こころの底からそう思えれば

あらそいもいさかいもしたくなくなる

死ぬことはこわくなくなる

安らかに生きていければ

こころはいつもふらふらしている

こころはいつもふるえている

こころはいつもさまよっている

こころは晴れたり曇ったり

そんなこころの深みには

ひとすじの清らかな流れがあるはず

「谷川俊太郎詩集」より

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。