第五話:如来山内科・外科クリニック診療科目

Pocket

IMG_1835.JPG          筍農園:鷹の爪

 

 死なすことばかりの話題が続きましたね。そろそろ、如来山内科・外科クリニックが目指す具体的な医療をご説明します。

 治療方針は次の四つ。

1.いつでも診る、何でも診る

2.患者に優しい医療を展開する

3.家で療養したいひとの要望は可能な限りこれに応え支える

4.紹介すべき病状であれば早期に適切な専門病院に紹介する

 筍は元々は消化器癌を扱う腫瘍外科医でした。ですが、その後、「みくまの」の山奥の僻地診療所に八年間勤務しました。この間に、ほぼ全ての診療科のプライマリー・ケアが担当できるように努力もしましたし、それが可能となりました。でも、小児はちょっと苦手です。可哀想なのが先に立って、どうも診療する気がしません。子供は舐めてたいよね。

 どんな疾患でもプライマリー・ケアとして適切にカバーできることこそが、患者さんにとっての利便性向上の最たるものだと考えています。薬も院内調剤とします。

 診療可能な疾患は、以下の如きです。

(1).内科系疾患

 悪性腫瘍   :食道癌、胃癌、膵癌、大腸癌、直腸癌

 循環器疾患  :高血圧症、鉄欠乏性貧血、悪性貧血

 消化器疾患  :食道炎、胃・十二指腸潰瘍、クローン病、

         潰瘍性大腸炎、肝硬変、慢性肝炎、胆石症

 感染性疾患  :感冒、肺結核、インフルエンザ、感染性腸炎

         膀胱炎、マイコプラズマ肺炎

 代謝性疾患  :糖尿病、脂質異常症、痛風

 内分泌系疾患 :甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎機能不全

 呼吸器系疾患 :気管支喘息、肺気腫、気管支炎、

 アレルギー疾患:花粉症、蕁麻疹

(2).外科系疾患

 創傷治療   :外傷、熱傷、火傷

 乳腺疾患   :乳癌、乳腺腫瘤、乳腺症

 痔疾・肛門疾患:外痔核、内痔核、裂肛(切痔)、痔瘻、脱肛

 血管疾患   :閉塞性動脈硬化症、バージャー病、下肢静脈瘤

(3).皮膚科疾患

 巻き爪、爪周囲炎、白癬菌症(水虫)、魚の目、たこ、皮下腫瘤

  

(4).整形外科疾患

 腱鞘炎、凍結肩、変形性関節症、腰痛症

 腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症

(5).中枢神経疾患

 脳梗塞・脳出血後遺症、うつ病

 認知症(アルツハイマー型、レビー小体型、脳血管型)

(6).在宅医療

 往診医療、在宅ホスピスケア

 在宅医療の方針は第二、三、四話で書いた通りです。要望があれば可能な限り対応したいと考えて居ります。

 連携医療機関としては、

1.名古屋大学医学部付属病院

2.名古屋市立大学医学部付属病院

3.藤田保健衛生大学病院

4.国立長寿医療研究センター病院

5.名古屋第一赤十字病院

6.東海市民病院

7.社会保険中京病院

8.広潤会大同病院

 などが、病診連携の登録医となっております。専門的な治療が必要な場合にはいつでもご相談ください。ただ紹介状を書くだけでなく、予約できる医療機関であれば予約も致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。