第二百四十九話:『『終末期医療の選択 家族と話を』

数ヶ月前の朝日新聞の「オピニオン&フォーラム」の東京都在住の大学非常勤職員、56歳の女性の投書が掲載されていました。90歳の父を看取った際の家族の心情を伝えるものでした。 誤嚥性肺炎で病院に搬送され、亡くなられるまでの1[…]

第八十二話:『矍鑠たれ、お滝さん その二』

せっかくやって来たのです。診察台に上がってもらいました。型の如くに診察を進めていたら、お滝婆さんがさも気の毒そうに筍に云うのです。 「せんせも因果な商売やなあ。こんな皺くちゃな乳触らないかんし、臭うて穢い爺さんも診にゃな[…]

Scroll Up