2017年10月12日

院長あいさつ

Pocket

医師になっていつの間にか40年近くが過ぎました外科医としての大学病院生活は25年間にもなります。
食道がん、胃がん、大腸がんなどを中心とした消化器がんを中心に、外科医としての修練を積みました。 診断、手術といった臨床の他にも、外科代謝栄養学や侵襲学などの研究を行い、また医学生や看護学生の教育にも没頭しました。

一方で、「みくまの」の山奥の僻地診療所に8年間勤務し、ほぼすべての診療科のプライマリーケア(初期診断)ができるようになりました。
自分が理想とする、いつでもなんでも診られ、患者さんに優しい医療、在宅での療養をサポートする医療を行うため地元である東海市の地域医療に貢献したいと考えています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

略歴

昭和26年02月愛知県東海市に生まれる
昭和51年03月関西医科大学卒業
昭和56年03月関西医大大学院博士課程修了 医学博士号取得(課博第180号)
昭和59年01月関西医科大学外科学講座 助手
昭和61年04月国保古座川病院 院長
平成03年03月関西医科大学外科学講座 講師
平成11年05月愛生舘小林記念病院 副院長
平成12年10月愛生舘小林記念病院 院長
平成13年04月名古屋市立大学外科学講座 非常勤講師
平成14年05月和歌山県古座川町立七川診療所 所長
平成23年04月南医療生協星崎診療所 所長
平成26年02月如来山内科・外科クリニック 院長
平成29年12月医療法人 嚶鳴会 理事長

加入学会

  • 日本外科学会(元指導医)
  • 日本消化器外科学会(元指導医)
  • 日本外科代謝栄養学会(元評議員)
  • 難病指定医
Scroll Up