第百八十一話:『仏の眼』

Pocket

IMG_2605

 

訪れる度毎に合掌して迎えて下さる

寝たきりの老婆の眼には仏が宿る

往診をさせて頂く二人の婆の眼

それぞれに違った人生を歩んできたその眼に

寸分違わぬ気配が静かに息衝く

 

深く窪んだ眼窩の奥に確かに存在するもの

それは諦念と呼ばれるもの

またそれは悟道とも呼ばれるべきもの

米寿卒寿の来し方を日がな一日寝たきりで

来る日も来る日も反芻し見極める

 

もはやそこにはいささかの欲心も邪念もない

あるのはただ「空」だけ

他には何もない

筍亭 作

 

『寝たきりの 老婆の目線 たおやかに 治せぬ吾を 癒し賜いぬ』  筍亭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。