DSCN0463.JPG

 

 ちちはは老いたまふ

 ちちはは腰曲がりたまふ

 背戸の茶の木畑に

 夕日かげりて

 ちちはは小さく見えたまふ

 その息子不幸者にして

 肋膜なんぞわずらい

 六尺に寝そべり

 指鳴らすわざ

 習わむとすれど

 その指痩せたれば

 なんでふぱちりと鳴るべきや

               新美南吉 作

 新美南吉(1913年7月30日 – 1943年3月22日)は、日本の児童文学作家。本名は新美正八(旧姓:渡辺)。筍の郷里にもほど近い愛知県半田市出身。彼の温かい作風、筍の大好きな作家・詩人です。惜しいことに30歳を待たず人生を終えられました。今年が生誕百年です。

 

 雑誌『赤い鳥』の作家の一人であり、彼の代表作「ごん狐」(1932年)はこの雑誌に掲載されたのが初出、19歳の時の作品。喉頭結核により29歳の若さで亡くなったため、作品数は多くありません。誠に残念なことです。もっともっと生きて、もっともっと多くの作品を残して欲しかった。

 

 主な作品としては、「デンデンムシノカナシミ」(1935年)、「おぢいさんのランプ」(1942年)、「牛をつないだ椿の木」(1943年)、「手袋を買いに」(1943年)などなど。

 

 

  1. 2013年11月12日

    ひとの器の強さ、豊かさはただ年月を掛ければ手に入るものではないんでしょうね。

    そして「欲しい欲しい」言ってれば手に入るというものでもない。

    頭では理解出来ます。
    でも。
    でもなんですよね。

    消せないものは消せない。

    居るべきではないところに、居続けてしまう。

    自分の居場所や在り方を自己覚知出来るひとと、出来ないひとの差は何なんでしょうと思います。

    • 2013年11月14日

      何処かの下っ端さん
       ただただ誠実に、ひとのために、と願って生きれば良いのではないでしょうかねえ。誤る都度に修正すれば良いのでは。Take it easy!

Write a comment:

*

Your email address will not be published.

お問合せ先        052-689-0900

夏季休暇について


8月9日の発熱外来・PCR検査・抗原検査については受付終了とさせて頂きます。

下記期間中の発熱外来・無料PCR検査やお問合せならびに検査予約については夏季休暇となりますので対応致しかねます。ご理解の程宜しくお願いいたします。

8月10日(水)~8月14日(日)

なお、8月14日(日)17:00以降の申し込みについて翌15日(月)に折返しの電話をさせて頂きます。(8月14日16:59までに頂いた申し込みについてはキャンセルとなりますのでご承知おき下さい。

如来山内科・外科クリニック

This will close in 0 seconds