IMG_2414

 

いつものことながら

花の頃は落ち着かぬ

咲き始めから

僅か旬日の儚さ

花に嵐の例えのごとく

その盛りには決まって

花散らしの雨が降る

世はまさに春爛漫

花の下で浮かれ酔うひとびと

いま少し

こころしずかに

愛でようではないか

 

あるものは三分咲き

あるいは五分七分

またあるものはもはや満開

華やかこのうえなし

花見にいかんと心急くも

なかなかゆとりの刻は得られぬ

ようよう取りたる僅かなときに

花を求めて流離う

願わくば花の下にて春死なむ

その如月の望月の頃と詠ったは西行だったか

桜の木の下には死体が埋まっていると

謂ったのははて誰だったか

そう考えるのも無理はない

さもなくばあれほどの豪華絢爛

あろう筈がないではないか

さくら、サクラ、桜が咲いた

 

 

Write a comment:

*

Your email address will not be published.

お問合せ先        052-689-0900

Scroll Up