IMG_2603

 

ちちはは老いたまふ

ちちはは腰曲がりたまふ

背戸の茶の木畑に

夕日翳りて

ちちはは小さく見えたまふ

その息子不孝者にして

肋膜なんぞわずらひ

六尺に寝そべり

指鳴らすわざ

習はむとすれど

その指痩せたれば

なんでふぱちりと鳴るべきや

 

新美南吉 作

 

Write a comment:

*

Your email address will not be published.

お問合せ先        052-689-0900

Scroll Up